お客様の声/セッション事例

【voice】相談しずらかった上司に、冗談を言えるように。

セッションのご感想をいただきました。

相談しずらかった上司に、冗談を言えるようになりました。

20代 女性 会社員営業職(2019.1月)

◎お悩みは何でしたか?

職場の上司と打ち解けられない。話しずらい。

仕事上の相談をしたいのだけれど、いつも忙しそうにしているのと、
以前相談したときに、迷惑そうな顔をされたことがあり、
それ以来、なかなか言うのも躊躇するようになった。

相談せずに何とか自分の力で現状突破しようと試みていますが
帰宅しても仕事を持ち帰ったり、そのことばかり考えてしまい
不眠気味になってしまった。

以前から特定のタイプの人に対して、距離を置いてしまう傾向があって、
そういう性格を直したいと、セッションを受けました。

◎セッション期間でどんな気づきがありましたか?(期間7か月)

これまでにも心理学の本を読んだりして、何となく気づいてはいたのですが、
やはり私のクセは家族との間の悩みにそのルーツがあったことです。

上司に家族(父)を無意識に重ねていました。
自己主張の強い父と母のぶつかり合いを見て、
すごくイヤな気持ちになった体験が多く、
誰かが冷静にならないとやっていけないと思っていて、

自分は穏やかに誰かをいら立たせることない人間でありたいと
言いたいことも我慢してきました。
そのほうがいろんなことがスムーズに進むので。

◎あなたの変化は?

穏やかな人間でいたい。と思っていたのは、実は
”穏やかでなければ、物事はうまく運ばない” だった。

”自分に穏やかな人間でいたい” と言い聞かせていたんだと知りました。
今の上司はわりと感情をはっきり出す人で、
もし、私が自分の意見を言ったり、相談をしたら、
どんな反応をされるのかが不安でした。
すごくキツイことばで何かを言われるんじゃないか、とか。

セッションを受けてから、私も主張してもいいんだと思えるようになり
上司に声をかけて仕事上で困っていることを相談してみました。
すると想像していたのとは全く違っていて、
上司は声をかけてくれるようになりました。
もしかしたら上司も私の態度(避けてる)に対して、
どう接していいものか、わからなかったのかもしれません。

今では冗談も話せるようになりました。
気持ちもすごく楽になり、これまで一人で抱え込んでいたことも
ペアを組ませてもらい、ペアとああだこうだ言いながらも
仕事の新しい楽しさを知ったこの頃です。

タイトルとURLをコピーしました