セッションについて

あなたの今の「感情・感覚」から始めよう。

セッションでは、あなたが感じている「感情・感覚」を大切にしています。

「感情」

喜び、感動、安らぎ、充実感、感動・・・できるだけ感じたい感情もあれば、

怒り、憎しみ、不満、嫉妬、嫌悪感、みじめ、喪失感・・・

できるだけ避けたい感情もあります。

 

みなさんがカウンセリングやセラピーを受けるときは、

「できるだけ避けたい感情」

これを感じているからではないでしょうか。

または、感情と言うより何となくモヤモヤした感じ、すっきりしない。
閉塞感のようなものを感じているかもしれません。

 

セッションでは、はっきりと意識できている「避けたい感情」
「何となくモヤモヤ」にも注目します。

どんな感情もそれはあなたへの”メッセージ”だと考えているから。

その感情や感覚があなたに何かを伝えたがっているから。

Q:メッセージは何だろう???

そうやっていつもより少しだけ、そこに意識を向けてみるのです。

 

プライベートが守られた空間で、目を閉じて行うマンツーマンのセッションは、
呼吸とともにあなたの身体に意識を向けていきます。

Q:私が感じているこの「感情・感覚」を、
一番強く感じるのは、身体のどの部分だろう?

そうやって、自分自身に問いかけていきます。
すると、身体のその場所は合図をくれます。

 

「私、感情を感じられないかもしれません・・・」

「感情を感じるのがとても苦手で・・・」

そんなあなたも大丈夫。

ゆったりと、深い呼吸の中にしばらくいると、何となく「合図」はやってきます。

「合図」から始めていくのです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました