幸せのレシピ♪

感謝できることは何?~「ハーバードの人生を変える授業」

2018年8月1日の独り言より。

自分以外のことに目がいってたころは、本当に忙しかったなあ。

人と比べてばかりいたから

自分だけが出来ていない気がしていたから

他の人より優れていたいと考えていたから

 

これを叶えるために必死に頑張ったけど、心が疲弊するばかりで
いつまで経っても手に入れることができなかった。

自分の心と向き合えるようになってからは、
「できるだけシンプルに生きたい!って、だんだん強く願うようになってきた。

 

私の“シンプル”の小さな一歩は、家のかたづけだった。

何が必要で、何がいらなくて、何が捨てられないって思っているのか。

かたづけながら、こんなことを考えて取捨選択していった。
もちろん、「あ~あ、捨ててもうた!」ってものもあったけど、まあしょうがないね。

最初の頃は、2日もかかってた。捨てるにも残すにも、掃除にもこだわりが過ぎて。
今は、半日で終われるようになった。

 

「ハーバードの人生を変える授業」
(タル・ベン・シャハー著/成瀬まゆみ訳)

先日、この本を買った。

以前から「ぜひ、読んでみて!」って勧められて本屋さんでチラ見したんだけど、
その頃はピンとこなかったみたい。

本にはセルフで出来る自分との向き合い方がたくさん書かれていた。
何だか面倒だって感じた、その時は。
だって、何かを今スグにでも、手に入れたい!! という思いでいっぱいで、

「こんなワーク、チンタラしてる場合じゃない」という態度。

 

脚を上げても届かないほどの階段より、一歩出せば前に踏み出せる小さな階段。
小さな一歩を楽しんで続けていこうって取り組み始めたのでした。

この本の一番最初のワーク

Day1 感謝する

Q:あなたが感謝できることはなんですか?

Q:自分の人生でありがたいと思うことはなんですか?

どんな小さなことでもいい。毎日5つの感謝を書き出してみるというもの。

毎日?? 思わずハッとなった。

「そう言えば、毎日を当たり前に生きてるわ、私。」 って気づいたの。
だって、すぐには思い出せなかったから。

今日一日、「ありがとう」って言ったり、思ったりすること、きっとあるのに
思い出せない・・・

 

要約すると、「感謝」にはこんな効果があるみたい。

人生を肯定的に評価できるようになっただけでなく、
幸福感が高くなり、ポジティブな気分を味わえるようになった。

最終的によく眠れるようになり、より多く運動するようになり、
身体的な不調も減った。

「ハーバードの人生を変える授業」訳:成瀬まゆみさん

 

今日で「感謝」のワークを続けて10日が過ぎた。

私は夜、寝る前に一日の出来事を思い出して書く。

コンビニの店員さんが、丁寧にレジ袋に商品を入れてくれたこと
「おはようございます」とあいさつすると、「おはよう」と笑顔で上司が返してくれたこと
エレベーターのドアが開くと、「開く」ボタンを押して、お先にどうぞと合図してくれたこと

そのシーンを思い出すと、何だか心があったかくなる。嬉しくなる。
そのまま眠りにつくと、確かにぐっすりだ。

もうしばらく続けてみよう♪

Q:あなたが感謝できることはなんですか?

Q:自分の人生でありがたいと思うことはなんですか?

『ハーバードの人生を変える授業』著:タル・ベン・シャハー/訳:成瀬まゆみさん

タイトルとURLをコピーしました