【感情と私】「ただ、感じればいいんだよ。」

この記事は約2分で読めます。

「ただ、感じればいいんだよ。」

それは芝居の稽古の帰り道のこと。 私が舞台女優をしていたころの話。

渋谷からひと駅の閑静な住宅街の中にある稽古場からの帰り道。
夜の10時を回った住宅街はひっそりと静かで、
季節が冬ということもあって、ひんやり冷たくて澄んだ空気が流れていた。

坂道を降りて最寄りの駅に向かう途中、演技トレーナ―が私たちにこう言った。

「空を見て。星がきれいだよ。」

空を見上げてみると、そこにはキラキラと星が輝いている。
冬の澄み切った空は本当に星が映える。

あれは何座だろう? 私は探してみた。
小学校のころ教科書で習った星座の形を思い出しながら。
何となく、オリオン座だけはわかった。

私はトレーナーにこう言った。
「あれは、オリオン座? オリオン座って星いくつでしたっけ?」

するとトレーナーは私にこう返した。

「かおり、ただ、感じればいいんだよ。」

その言葉に私はハっとした。
私、いつもこうやって分析してるんだ。評価してるんだ。

思い返してみればそうだった。

映画を見ても、舞台を見ても、出演していた俳優の演技や、音楽、舞台セットなど
それを見ているときにはずっと考えていたし、
(ああ、そういう言い方するのか・・・ああ、惜しいなあ)
(ポケットに手を突っ込んだまま歩く性格じゃないよね、この役は)

見終わって誰かと感想を話すときも、

「あの俳優さん、声のトーンがね・・・もっと低い声のほうが・・・」
「私はね、こう思うんだ。このテーマっ○○なんじゃないかって」

とか。

もちろん商売柄、“自分だったらどう演じるか”という視点で
作品を鑑賞することも大切だとは思う。

でもそればかりしてたから、純粋に作品を楽しむことって ほとんどなかったんだな。

この夜の出来事があってから、私は極力、分析や判断せずに、
作品そのものを楽しむことにした。

純粋に楽しんでいると、これが“感動”するんだなあ。
新人さんの舞台公演を見に行ったときも、分析してたら

・ああっ、セリフ忘れたんだな
・あっ、今間違えたな
などど、アラさがしばかりしてただろうけど。

ただ純粋に感じること。分析や評価もいらない。

私にはこれがとても大切だったんだ!
普段の生活、何気ない日常の中で、ふと感じることを大切に。
このことは特別なレッスンよりもはるかに、私に変化をもたらした。

豊田市足助町の香嵐渓。紅葉の季節が有名だけど、私はここの新緑が一番好き♪
タイトルとURLをコピーしました