わたしのこと

好きな感覚を使って生きる。

視覚・聴覚・味覚・触覚・嗅覚。

私たちはこの五感を使って生きてる。

美しい! 美味しい! いい香り~ 柔らかい♪

こんなにふうに、何かに出会ったときに感じる。

子どものころは目いっぱい感じていたのに、大人になるといつの間にか
この感覚が鈍ってきて、

ただ「美しい!」って感じればいいのに、
ただ「美味しい!」って感じればいいのに、

ああだこうだと分析しだす。

そんなふうに感じてるのは自分だけなのでは・・・
他の人はそう感じないかもしれない・・・
私が変なのか・・・

周りを気にしてばかり、周りに合わせてばかりだと、
自分の五感が信用できなくなってくる。

私、どうしたいんだろう??

 

こうなったら五感に聴いてみる。全部の感覚じゃなくていい。

あなたが一番使っている感覚。

それがわかると自分にとって大切なものに気がつける。

 

私の場合は「触覚」

かつては「視覚」見るもの、見えるもので何かを選んでいた。

例えば洋服を買うとき。

自分の好きな色合いばかりに目がいっていたころは、
買ってみたものの、何だかしっくりこないってことがたくさんあった。

今は手触りを大切にしてる。触り心地がいいもの。
私にとって色より、カタチより、選ぶうえでそれは大切な要素。

だから選んだものも、「アタリ!」って思える。

 

もちろん、「視覚」の人にとっては色やカタチは大切な要素。

人によって五感のどれを一番使うかは、それぞれ。

 

Q:あなたはどの感覚を一番使っていますか?

 

 

タイトルとURLをコピーしました