わたしのこと

「演じる」がわからない。小さな広告に導かれて。

上京してから既に5年が経っていました。

東京に来たばかりのころは、何もかもが新鮮で、刺激的。
ワクワクしながら、キラキラした自分の未来を思い描いていた私。

イメージした私の未来では、既に役者として数々の舞台に出演して、
しっかりと稼いでる。

好きなことして、食べていける幸せ。

それを満喫してる”はず”だった。はずだった、のに・・・

現実は全く違ったものになっていました。

 

何が足りないんだろう・・・

東京に来ていろんな演技スタイルを学んできたのに、

何故か、オーディションに受からない・・・いろんなことが上手くいかない・・・

まだ、何かが足りないのか・・・

ほぼ毎日がこんな自己対話。それでも演技レッスンは続けてた。けれど・・・

 

あるとき、全く心が動かなくなってしまった。
何をしても楽しくないし、いつも疲れてる。やる気がでない。

こんな調子だから、レッスンも途中でやめてしまいました。
すごくやりたいスタイルのレッスンでだったのにね。

 

どうしたらいいんだろう・・・

レッスンをやめたのに、また新たなレッスンを探し始めた私。
何かをしていないと、もっと不安になるから。

そうしているうちに見つけた小さな広告。

「演技レッスンに心理学を取り入れます」

 

これがキャッチコピー。

私の中でこんな声が聞こえてきた。「これだ!」

そのまま受話器を取って、その広告主に電話をかけました。

 

「演技のレッスンはこれから始めようと考えてます。
今は一般向けのワークショップを開いているから、一度見学においで」

 

その言葉に「はい!」と返事をしたものの、何だか急に怖くなりました。
「一般の人向けって、いったい何なんだ?? もしかしたら宗教??」

実はよ~く、宗教関係やネットワークビジネス関係の方からお誘いがあったのです、そのころ。
断り切れずに何度か入会したことも・・・(苦笑)
だから余計慎重になる。

 

ワークショップ当日、役者の友を誘って、時間も終わりごろに伺いました。

会場に入るとそこには3人の参加者が。みなさん身体のあちらこちらに、
ラベルのようなものを貼っている(もちろん服の上からね)。

講師のその人は、心のしくみの説明をしていたみたい。
何のことだか、さっぱりわからない。

 

講義を聞きながら参加者のみなさん、思い思いに身体に貼ったラベルをはずしていく。

(こういうところに来る人って、相当悩みがあるんだろうなあ・・・ふ~ん、大変だあ)

椅子に座り様子を見ていた私の心の中は、こんな感じ。
やがて自分が”心と向き合う世界”に足を踏み入れることになるとは・・・。

 

「では、実際にワークをしてみましょう。
この中で、自分の両親のどちらかに似ている人を探してみて。」

講師のSさんがこう告げた。そして、私は指名されたのです。

私を指名したのは、30代半ばの男性。「母」の雰囲気に似ているという点で。

(なぜ、なぜ??私、この人より年下なんだけど・・・)

そう思いながらも、ペアワークの相手となった私。

数メートル離れて向かいあった私たち。

「何かをしようとしなくていいよ。そこに立ってただ、相手の目を見つめて。」

Sさんのアドバイスに、私は特に何をしようとすることなく、その場に立って、
ただ、相手の男性の目を見つめていました。

ゆっくりと近づいてくる男性。その目は何かを怖がっている小さな少年のよう。
悲しみのような寂しさのような・・・いろんな心の色がまじりあった目。

ふと思った。そばに来たら抱きしめてあげたい。って。

ゆっくり、ゆっくり、一歩ずつ、一歩ずつ。そして彼が私のすぐ前に来たとき、

私たちは同時にハグしあいました。

お互い、今日初めて会った人。名前も知らない人。なのに、
とても愛おしく思えた。何故だか涙が湧いてきたのです。

とても静かな涙。そのとき思ったのでえす。

「ああ・・・これが私のやりたい芝居なんだ。」って。

 

 

タイトルとURLをコピーしました