わたしのこと

瞑想してみる。

瞑想を始めたころは、
「瞑想しよう」でいっぱいだった。

私の中に、「瞑想とはこういうもの」っていうイメージがあって、
それに今の自分の状態がなっているのか、目を閉じながら細かくチェックしてた。

身体はこんな感じかな? 頭の中はこんな感じかな?

目の前に意識を大きく広げて・・・
私の意識はどのくらい広がってるんだろう?
今、何センチくらい? これでいいのか??

上にはどのくらいの高さまで? この部屋の天井は越えているのかな?

こんなことを考えてばかりいるものだから、瞑想になってないよね。
自己チェックが厳しくて、顔や身体が固まってくるし、たまに頭の中がすごく重くて
気持ち悪くなることも。

こうなるともう、横に倒れ込むしかない。

正しい瞑想、完璧な瞑想を追い求めて過ぎて、自分の感覚さえ信用できなかった。

 

正直、今だって瞑想がどんなものなのか、わからない、
でも、やっと 「こんな感じでいいんじゃない?」って感じで、
こだわらなくなったのだ。

意識は広がっていると思えば、広がっているし、
天井を越えていると思えば、越えている。

「こんな感じ?」で取り組む瞑想。

おかげさまで、何となく以前とは違う感覚のような気がする。

タイトルとURLをコピーしました