幸せのレシピ♪

「無性に食べたい!」食べたくなるものでストレスがわかる(私の場合)

こんにちは。メンタルトレーナー かおりです。

今日は「無性に食べたい!」について。

これは私の場合なのですが、食べたくなるものでそのときどれくらい
自分がストレスを抱えているかがわかります。

例えば忙しく動き回っているとき。
こんな時にはあめちゃんばかり食べていました。

”食べている” そうなんです。なめていなくて”食べている”
もっと的確に言うと、”かみ砕いてる” これです。

口に含んでしばらくすると、ガリガリッとやってます。
あめちゃんはあっという間に姿を消して、また一つ、
あめちゃんを口に入れる私。

これがずっと続く状態。
もちろん、あめちゃんはすぐ無くなりました。

この他にもチョコレートとか、立て続けに食べるときもありました。

 

そしてさらにストレス度が高いときは・・・

とにかくしょっぱい、辛いものをいっきに取り込んでいました。

カラムーチョ、イカの姿フライ、塩のかかったアーモンドなんか、
一度に完食です。

もちろん仕事場でそれはできないので、帰宅してからね。

 

普段はあまり買わないのに、あるとき無性にそれが食べたくなる。

Q:食べ続けることで、いったい何を感じなくて済むんだろう?

Q::食べないと、どうなるんだろう?

私の中から沸き上がってくる”何か”を抑え込むために、食べ続けてたんです。
食べるって結局飲み込むことですから。

 

ちゃんとやらないといけない! 早くやらないといけない!

何でわたしだけがこんなに大変なの! 手伝ってくれたっていいじゃない!

自分だけが損している感じ。そう思っているのに、いい顔してる私が嫌い!

 

あるとき、食べたい気持ちをぐっと抑えて、自分の心から湧いてきた声を聴いてみたら
こんな声でした。

ああ・・・私、食べることでごまかしてたんだ・・・

無茶食いは身体にもよくありません。
それ以来、無茶食いしたくなったら、

今、何を感じてるんだろうわたし。

そうやって極力自分の心の声を聴いてあげることにしています。

聴いてあげると、すこしずつ落ち着いてきます。

おかげで一時期健康診断で引っかかっていたある科目(経過観察”要”)の数値も
下がりました。

 

Q:あなたが「無性に食べたくなるとき」、何を感じていますか?

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました