幸せのレシピ♪

感情は大切なことをあなたに教えてくれてる。

楽しい! 嬉しい! 大好き! ワクワク! 幸せ!

これはOKで、

イライラする! 腹が立つ! 悲しい! 恨めしい!

これはバツ

感情に○バツをつけたくなる。
いつも〇な気持ちでいたいと思う。

そして、今感じてる「バツ」にした気持ちを、

「いけない!いけない!」って、無視したり、
そんなもの初めからなかったような顔をしたり・・・

 

確かに、いつもいい気分でいたい♪ そうは望んでいても、やっぱり
日々、いろんなことが起こる。
周りの人は自分の思った通りにしてくれないから。
それぞれが、「こうしてほしい。こうなったらいい」と思ってることがあるから。

だから、自分の思った通りにならないことが起きれば、
心が揺れるのは自然なこと。

その揺れは、あなたに対するメッセージ。

直接言葉にならないけれど、あなたの中にある何かがメッセージを送ってる。

そのメッセージは、

「このままでいいのかな?」 問いかけかもしれないし、
「私、イヤだ!」 拒絶かもしれない
「不安でたまらない・・・怖い・・・」かもしれない。

 

食べすぎたり、飲みすぎたりすると、身体は”お腹がイタイ” という方法で、
私たちに注意喚起をしてくれる。

自然と湧いてきた感情も、そういうものなのかもしれない。

”お腹がイタイ” のに、そのまま食べ続けたり、飲み続けることはしないのと同じように

胸のあたりのほんのちいさなざわつきが発している
そのメッセージに気づくことで、私たちは、「どうしたらいいのか?」
その先を決めることができる。

自分で自分を忙しくさせていた日常から、ふっと一息ついたり、
我慢して続けていた関係から、離れてみたり

 

「感情」はメッセージを持ってやってくる。
そのメッセージを見失わないためにも、
まるバツつけずに、大切にしよう。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました