幸せのレシピ♪

恨みつらみから自分を開放するのは、自分の人生への第一歩。

こんにちは。
「No!」と言えるあなたを創る専門家。
メンタルトレーナー かおりです。

今日は先日のセッションで感じたことを。
題して、「恨みを開放することが、自分の人生を歩く第一歩」

 

私たちの悩みのほとんどが ”人間関係に起因するもの” と言われていますが、
実際、今いらっしゃる私のクライアントさんのお悩みは全員、人とのコミュニケーション。

それぞれの方の状況は違うけれど、どこかで自分に無理や犠牲をしていて
「こうしたい」という思いがあるけれど、そんな自分を押し殺してしまうパターン。

だから、押し殺している相手に対して、強い怒りや恨みを持っていることが
ほとんど。

セッションでは、この強い怒りや恨み、悲しみ、くやしさ、惨めさ・・・
絡まった感情の一つ一つを受け入れて、ほぐしていきます。

なぜ受け入れることが必要なのか?

強い怒りや恨み、悲しみ、くやしさ、惨めさ・・・こういう感情を感じているときって
どうしても傷ついたことや表せなかった思いに気を取られ、
相手を責めることに意識が向いてしまうから。

だからまずは、滞っている感情の一つ一つを流してあげることで、
心にスペースが生まれ、自分の ”本当の気持ち” に気づくことができるのです。

”本当の気持ち”

・本当は、どうしたかったのか
・本当は、どうしてほしかったのか

これは、怒り、恨み、悲しみ、惨め・・・を通り抜けた先にあるから、
ちょっと勇気がいる。心のアクセルをグッと踏む感覚。

でも、”本当の気持ち”に気づいてこれを受け入れていくことができれば、

「あなたのせいで、こうなった!」「あなたが悪い!」

恨みという感情から解放されます。

なぜなら、「恨む」ことで相手をずっと意識していることになるし、
「恨む」という感情を持っている自分にどこか、自己嫌悪や罪悪感を感じるから。

これって、相手に向けている矢が自分にも向かっていない?

Q:それでも、相手を ”恨んで” いたいですか?
Q:それは、あなたを幸せにしてくれますか?
Q:それは、あなたが本当に望んでいること?

恨み続けることに「No!」と宣言し、自分の本当の望みに意識を向けて、
選択し続けること。

「したい」「ありたい」生き方は、自分の中にあるいらないものに
「No!」と言うことから始まる。

変化を遂げていくクライアントさんたちを見ていて、
つくづく感じる思いです。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました