幸せのレシピ♪

”遠回り”な拒否の理由

何が食べたい? 何でもいい。
どこに行きたい? どこでもいい。
どうしたい? あなたは?

本当に何でもいいのだろうか?
どこでもいいのだろうか?
私はどうしたいのだろうか?

 

「何でもいい」「どこでもいい」「あなたが決めて」…

そう相手に言いながらも、心の奥底では相手の決めたことに
静かな拒絶が起こっていない?

何でもいいって言ったけど…(ここはいや)
どこでもいいって言ったけど…(ここじゃない)
あなたが決めてと言ってみたけど…

心がモヤモヤしているもんだから、

「ここでいいの?」「これがいいの?」って
改めて相手に確認したりする。

 

確認するのは、あなたがそれが”いい”と思っていないのかも。
本当は選びたい、したい何かがあるのかも。

それなのにきちんと自分の本音を伝えない。

そして、相手を気遣うように言っているのだけど、
遠まわしに自分の要求を伝えようとしてる。

相手にしてみれば、

何でも、どこでも、”いい”って言ってたけど、
本当にそうなのかなあ。大丈夫なのかなあ…

って考えるかも。

 

Q:どうして言わなかったんだろう?
Q:自分の本音を言ったら、どうなると思っているの?

自分の本音を遠まわしにすればするほど、相手との距離は遠くなる。

 

自分のしたいこと、食べたいもの、行きたいところ…
正直に相手に伝えることができなかった私。
何でもいい。
どこでもいい。
あなたはどうしたい?
って聞き返してばかりいました。自分の本音を伝えるのが怖くて、拒否されるのが怖くて。
自分の欲求を相手に「No」を言われることが
まるで自分の心に大ダメージを与えてしまうように思えて。結果、楽しいはずの時間が心にモヤモヤを抱えたままに。

自分のしたいこと、食べたいもの、行きたいところを正直に伝えたら
「いいねえ~♪そうしよう!」ってときもあれば、
「ええっ~ それはちょっといやだなあ…」と返ってくることも。
それでも自分の本音を伝えられたことで、
お互いの違いが分かるし、お互い歩み寄ることだってできる。

何よりも、心にモヤモヤとした静かな拒絶がめちゃめちゃ少なくなりました。

タイトルとURLをコピーしました