わたしのこと

「ノリのいい娘」の仮面かぶっていても、帰りは一人がいい。

こんにちは。
「ノー!」と言えるあなたを創る専門家、メンタルトレーナ かおりです。

今日は「わたし、こんな人でした!」の巻。

 

20代半ばくらいのころの私は、”五月蠅い”って言葉がぴったりでした。
飲み会には必ず参加。大騒ぎして、週末は朝帰りなんてことも。
席を回っては、「さあさ、飲みなせえ~」とガンガンお酒ついでました。

「ノリが良くて、元気なとっつきやすい子」って
思われたかったんですね。
私自身はお酒、全然強くないのに、注がれたら飲まなくちゃ!と
がんばって飲んで。

(気持ち悪い・・・)異変か起こると、こっそりトイレに行って、
今までのもの、全て放出しておりました。(ちゃんと流してますよぉ)

黙っていてはいけないような気がして、がんばっちゃう
楽しませなくてはいけないような気がして、がんばっちゃう
がんばらないと、なんかそこに居づらい気がして、がんばっちゃう

ハイテンション、留まることのないマシンガントークでした。

 

酒席もお開きになり・・・いつもやっていたことがこちら。

「ちょいと、風に吹かれてきま~す!」 他のみんなとさようなら。

一人になりたかったんです。だって、気を遣わなくて済むから。
楽なんですよ。一人で帰る方が。

みんなと別れて、少し時間をおいて、そして一人乗る電車。
もうぐったり! でも、ほっとしてる。

無理して明るく振舞って、無理して場を盛り上げて、
その反動が帰り路にどどっと湧いてくるのです。

疲れた・・・私、何やってんだろう??

一人は寂しいからみんなと一緒がいい。
でも、なぜか疲れてしまう。
帰り道は一人の寂しさと、なぜかほっとしてる自分がいました。

 

大勢の中で、静かにいることが怖かった私。
仲間に入れないことが怖かった私。

だから無理して、別人格を演じる。

 

今ではそんな自分はすっかり影を潜めて、
黙って人の話を聴いている私がいます。
無理してしゃべるの、イヤだもん。

たまに、何だか心がソワソワしてきたら

(ああ・・・わたし、今、静かにしてることに不安に感じてるんだ)

って、自分の中に湧いている気持ちを見つめてる。
自分がどう見られているか? それほど気にならなくなったから。
無理しなくなったのです。

 

明るく元気なわたしも、静かで口数のすくないわたしも
ときに、ど~んと落ち込むわたしも
全部、わたしだからです。

「そのころの私って、どんなふうに見えた?」って、
20代のころからの友に聞いてみると

「ハイテンションでついていけないよ~。うるさかったね~。」
と一言。

ハハハ;;。

 

 

タイトルとURLをコピーしました