幸せのレシピ♪

もし私に、自信があれば・・・。

自信があれば、〇〇できるのに・・・
自信さえあれば、〇〇なのに・・・

「自信」って何だろう?

「自信」があるって、どんな状態?
「自信」がついたって、どうわかる?

 

正直なところ、「自信」ってどんなものか、
その実態はわからない。

でも、「自信があれば・・・」と、何とか手に入れようと躍起になってる。

 

そのころの私にとって「自信」を手に入れるためには、

・一番であること
・何かについて人より優れていること

これが必要だった。

そして、自分なりに頑張った。

「私が一番」「あの子よりも上」と思えた日は嬉しさでいっぱいだったけれど、
ほどなくして「負けた・・・」と感じる出来事が起これば、不安でいっぱいだった。

 

上には上がいる。だからきりがない。

 

自分がしたい”何か”ができないは、
自分がなりたい”何か”になれないのは、
「自信」がないからじゃない。

「自信」という言葉の向こうに隠れた本当の理由。
それは・・・

Q:何を怖れてるんだろう?
Q:何を避けているんだろう?
Q:もしトライしたら、どうなると思うんだろう?

それは、

・上手くいかなかったら、どうしよう・・・

かもしれないし、

・上手くいってしまったら、どうしよう・・・

かもしれない。

 

でも、この心のなかでざわつく「本当の理由」に、なかなか気づけない。
そのざわつきに揺さぶられて、不安になって、足がすくんでる。

不安のあまり、「自信がないから」という一言で片づけてしまう。
そして、「自信」をつけようと、必死に頑張る。

本当は、「自信がない」の向こう側にある、「本当の理由」に目を向ければ
早いのにね。

でも、「本当の理由」を見つけるには、時にはほんの少し、
痛みを伴うこともある。
見たくない自分を見ることもある。

でも、こっちの方が早いんだよね。
「本当の理由」を知り、癒して、必要じゃない考えを手放せば、
「足りない・・・足りない・・・」と思い続けながら、頑張ることも
なくなるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました