幸せのレシピ♪

白か黒か・・・「白黒思考」

こんにちは。
「No!」と言えるあなたを創るメンタルトレーナー かおりです。

完全じゃなかったら・・・100点じゃなかったら・・・

何もないと同じ。0点と同じ。

意味がない。

 

以前の私の考え方のクセがこちら。

一生懸命取り組むんです。”完璧・完全”を目指して。
でも”完璧・完全”って思えたことなんて、一度もありません。

やればやるほど、

「なんか、これじゃダメな気がする・・・」 と思えてきて、
イケないところを必死になって探して、
せっかく作ったものを、もう間もなく出来上がりそうなのに
いったん無にして、一から作り直す。

こんな繰り返しばかりしていました。

やがて時間も無くなってくるから、結局のところ
納得いかないカタチで提出となるのです。

 

その時のいや~な気持ちと言ったらねえ。

中途半端な状態に対する嫌悪感。
完全なもの、完璧なものを作れなかった自分に対する怒り。

人からは「なかなかよくできてるよ!」って言われるけど、
私自身は全くそう思えない。

 

この考え方は「白黒思考」と呼ばれています。

この考え方のクセがどんなところにそれが現れるかというと・・・

・ポジティブな時とネガティブな時の落差が激しい
・物事を続けるのが苦手(完璧にできないからあきらめてしまう)
・人のことを自分にとっての味方と敵の二つに分ける
・人に対して厳しくなる
・片付けが苦手(完璧でないなら、やらない)

ストレスフルな状態ですよね。息がつまってしまう。

 

ものごとは白・黒という極端なポジションだけではありません。
白から黒へ、または黒から白へ、その間には”グレー”という色が存在しているように
ものの見方、捉え方にもグレーがあるのです。
そして、この”グレー”という見方、捉え方ができればできるほど
可能性の枠は広がるのです。

 

あなたには普段、どんな独り言がありますか?

・絶対に~
・~に決まっている
・いつも~

こんな言葉はついていないでしょうか?

頭に浮かぶ独り言、つい口から出る独り言・・・
見つめてみましょう。
聴いてみましょう。

そして、もしそれらが多く使われるなら、
あなたには「白黒思考」のクセがあるのかもしれません。

 

 

タイトルとURLをコピーしました